株式会社株式会社浜名ワークス

サポート
サポート情報
リコール情報
サービスニュース
保証・サービス拠点について
解体マニュアル
会社情報
ご挨拶
会社概要・沿革
拠点所在地・アクセス方法
開発・製造について
環境への取り組み
資格所有者数一覧
労働安全衛生の取り組み
個人情報保護方針
製品情報
カーゴ車CARGO
側面開放車ハミックHAMIC
カーゴトレーラCARGO TRAILER
車輌運搬車CAR CARRIER
その他の作品OTHER

技術開発

2020.04 28輸送車両の自動化とIoTに挑む

main_item

main_item

近年、何かにつけIoT(アイオーティー)なる言葉や文字が飛び交うシーンに遭遇することが多くなった。

歳を取り過ぎた老兵には何のこっちゃか分からんのでWebでググってみる。いや待てよ?ググるってよく使ってしまうがググるって····知らない間にじじいもそんな世界に染まってしまっていることに愕然としたりする。

何でも直ぐにググって答えらしきものを見つけて、さも知識を得たなんて思っちゃダメだぜ。

ピ~~ヒョロヒョロピロピロ···ピ~

IOT(インターナショナル オリジナル テクノロジー)

分かったようでよく分からんIoT。当社でもそんなネーミングのトレーラを作れなんて下命されたりするがどんな物を作っていいのかおろおろしている。するってーと技術部長がIoTはインターネット オブ トレーラや~!などとのたまう。半分横目の白い目で見るが、なかなかうまい!と実は思ったりする。しかしネーミングはともかくトレーラをインターネットに繋いでどないするっちゅーのか?

乗用車の世界では繋がる車なんて~のを売りにしてる記事を見かけたりするが、まさか繋がるトレーラとはどんな姿を想像すれば良いのか年老いたじじいの脳味噌にはもはや空きがない。余計なことだが縮んだ脳に隙間はあるぜ。自慢じゃないが。

答えを先に言おう。繋がるトレーラと言うとハード的な機構がハード的にインターネット(クラウドと言うべきかも知れん)に繋がっていて、タイヤの様子だったり荷物の様子だったり何処を走っていたりがリアルタイムで情報共有化出来る····じゃないんだぜ。

そんな事(なかなか出来ないことなんだが)は当社の仕事じゃなくて、どこかの大手企業がやる話。当社はトレーラが仕事としてどのように使われているか、どんな使い方をされているのかなどのソフト面の情報を得て、データをいかに活用してユーザー様の業務に役立てて貰えるかをメインのテーマにしたのがIoTインターネット オブ トレーラだ。。。注)笑うな。

尚、小題の( )内は、隣にいたチェアーレディーに「IoTって何だか分かる?」の問いに返ってきた超面白アンサーなので気にしないように。

iPhoneで繋ぐ

G!じG!と自慢気に書いているが昨今トレンドは5Gだろう。

日本でもそろりと立ち上がるみたいだがiPhoneはまだかな?実は「繋がるトレーラ」はiPhoneで操作することになった。。iPhone神話を信じている前出の技術部長がiPhoneかぶれなんで仕方ない。余り大きな声では言えないが(小さな声では聞こえない)仕様をリークすると、iPhoneBluetooth経由でトレーラをリモコン操作するんだ。操作するって~事はどんな操作をしてるかも分かる····おっと!いけねー壁に目ありだぜ。これ以上の最新情報は詳しく話せん。

しかし、最近初期型のiPhone3Gsを手にして、ふと思った。iPhoneは何も変わっちゃいない!CPUやカメラが高性能化しているんだろうがスマホという画期的・革新的な驚きは無く、単にマイナーチェンジしているだけだと。日本のS**Yだってそうだ。一大アイディア製品が認められるとどうしてもそこにしがみつく。iPhoneも同じか!!

今そこにあるものは既に陳腐化していると思わにゃならん。。。。。浜名のiPhoneや浜名のウォークマンを探そう。

そういう意味でこれからはIOT(インターナショナル オリジナル テクノロジー)だぜ。

あ~~それからおいらのスマホはiPhone SEさ。

執筆者 : 臼井・K

Technical Report

2020.07 10 UPDATE車両の錆対策でメンテナンスサイクルを改善

トレーラはお客様によって使用環境が異なります。海辺を走行したり、雪道を走行したりと様々です。

2020.06 05 UPDATE最大積載量アップに向けた軽量化

軽量化が必要! 乗用車のハイブリッド化、EV化が急速に進み燃費が向上していますが、同時にガソリン車と比較して車両重量が100~200㎏/台増えています。

2020.05 22 UPDATEVOC ドライバー様の声

付加価値型の製品提供がますます重要になっていく当社業界。 実際に車輛をご利用いただいているドライバの皆様の声を伺い調査しました。

VIEW ALL

Case Study

2020.09 16 UPDATE空港の人手不足を解決する車両

「待ち時間」「移動時間」「運ぶ時間」などを現場で短縮すれば、今までと同じ作業が低コストで実現可能になり、生産性向上や収益向上につながります。

2020.06 29 UPDATE輸送会社の整備士不足を解決する車両

ある北海道のお客様を訪問したときに「業界ではドライバー不足が共通問題だが、当社にとっては整備士不足の方が問題だ」とおっしゃっていた。

2020.05 10 UPDATE輸送効率を極める

大は小を兼ねるのか? 輸送効率を追求するとトラックの大型化を進め、一人当たりの輸送量を増やして行くことになるが、本当にそれでよいのだろか。

VIEW ALL
テクニカルレポート
ドライバーの新規採用に立ちはだかる大きな壁!車両の力で突破口を提案
車両の錆対策でメンテナンスサイクルを改善
最大積載量アップに向けた軽量化
VOC ドライバー様の声
CAEの使い方
輸送車両の自動化とIoTに挑む
お客様事例
空港の人手不足を解決する車両
輸送会社の整備士不足を解決する車両
自動車工場の人手不足にチャレンジする
輸送効率を極める
ドライバ不足を解決する車両
ドライバ・整備士不足の解決策を探る